新型コロナウイルス感染症対策の影響により、一部の海外出版社に入荷の遅延が発生いたしております。
下記の国以外でも、政府による外出制限や営業制限により、入荷遅延となる恐れがございます。

主な対象国:イタリア・ハンガリー・フランス・アメリカ合衆国

弊社ではホームページ上に在庫状況を掲載しておりませんが、該当のお客様へは別途ご案内申し上げます。
ご不便とご迷惑をお掛けいたしますことをお詫び申し上げます。
何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせはこちら 075-959-0070
カートの中身商品が入っていません。
  1. パナムジカ35周年記念 オンラインセミナー
  2. 2021ショパンコンクール開催記念特集
  3. ピーターラビットと学ぶはじめてのピアノ教本
  4. ショパン・エキエル校訂 日本語版
  5. 鍵盤用除菌剤 鍵盤綺麗
  6. 日本ピアノ教育連盟ピアノ・オーディション課題曲
  7. 全日本学生音楽コンクール 課題曲
  8. 2021年ブルグミュラーコンクール課題曲
  9. 「嵐」公式ピアノ楽譜好評発売中
  10. Jacob Koller
  11. ポピュラー特集
  12. ミューズプレス特集
  13. はじめてのピアノ・アドヴェンチャー
  14. バスティンシリーズ
  15. ハンスライグラフ
  16. 時計
  17. レッスン教本
  18. パナムジカ出版 シャブリエ
  19. ピアノ・アドヴェンチャーズ
  20. 貴重な楽譜 PRHYTHM
  21. ピアソラ
  22. 理由あり品コーナー
  23. クレシェンドカタログ
 
 
ホーム > 山本京子編曲作品特集 > ピアノソロ
 

山本京子編曲作品特集

 
 
数多くのピアソラ作品の編曲で有名な山本京子氏。(プロフィールはこちら)ピアソラの意図したものをピアノで見事に再現した数々の編曲作品は、その演奏効果の高さ、舞台映えする華やかさで、国内外のトップアーティストたちからも高い評価を受けています。


「ピアソラ生誕100周年」特別掲載
山本京子氏のパッション~Piazzollaへのオマージュ~

  各標題をクリックいただくと詳細表示されます。
 (クレシェンドスタッフ)
山本さんから見るピアソラという人物、また彼の音楽についてお聞かせください。

 (山本氏)
「ピアソラはアルゼンチンに生まれ、幼少時から15歳までをニューヨークで過ごしました。

バンドネオン奏者として子供の頃からラジオや映画に出演し、表舞台にいる存在でしたが、この時期は周りから聞こえてくるジャズやクラシック音楽に心惹かれていたようです。
近所に住んでいたセルゲイ・ラフマニノフの弟子ベラ・ウィルダが弾くバッハの音楽に感激し、クラシックピアノの手ほどきを受けていた逸話もあります。

私から見てピアソラは『既存の固定概念や常識を覆し、新しいものを作った革命家』と尊敬する人物です。
作品はタンゴをベースにしていますが、自分の惹かれる音楽をジャンルに囚われずに吸収していたクロスオーバーの特性がそのまま反映されているのではないでしょうか。

ピアソラの音楽が直球で私たちのハートや肝に響くのは、建前や誤魔化しが通用しない本音の音楽だからだと思っております。
ピアソラの作品には不協和音も多く使われますが、それは人生には『綺麗』も『汚い』も存在し、世の中は矛盾だらけという事を表現しているように聞こえてきます。
ピアソラの音楽の印象を答えるとするなら『現代社会を象徴する音楽』とお答えしたいと思います。」

 (クレシェンドスタッフ)
山本さんの編曲作品が世界中の演奏家に求められているのは、何が理由になっていると思われますか?

 (山本氏)
「現実的に使える楽譜で、最大限の演奏効果を感じていただけているからだと思います。
最初の出版に至るまでのお話ですが、私は定期的に2台ピアノのコンサートに出演しておりました。
当時は2台ピアノのための出版物がそうなかったこともあり、演奏したい曲はほぼやりつくしてしまい、次の曲をどうしようかと悩んでいた時期がありまして…。
それまでにピアソラのスタンダード作品を聞いたことはありましたが、日本のお寺でピアノ演奏されたCDを聴いて『ピアノでピアソラが出来るんだ!』と私の中のピアソラ熱が一気に燃え上がりました。

作曲編曲に関しては、大学時代に交響曲を編曲する課題が出た時、友人の分を編曲させてもらうほどに熱心だったのですが、自分で書くことはせず、ある作曲家に2台ピアノ編曲を依頼しました。
残念ながら『弾きたい!』と思える楽譜ではなく『オリジナルの曲の良さや、もっと出来ることがあるのでは?』と作っていただいた楽譜に感じてしまったのです。
『自分が感動した曲は自分で書こう!』と反省し、自分で編曲したものを演奏したところ多くの反響がありました。
客席にいたピアノを弾く方からの『楽譜がほしい』という声や、ピアノデュオのお相手からも『出版したらどうですか?』と言われたことが、出版への第一歩です。

自分自身でコンサートにて演奏し反響を呼んだ作品や、この曲を演奏したいというリクエストに応えて書いた作品を出版しておりますので、どの作品も高い演奏効果を感じていただけると思います。」

 一ノ瀬夏美さん、大冨栄里子さん
(ピアニスト。2021年3月11日に開催されたコンサート「《生誕100年記念》誕生日に贈る ピアソラ・ナイト!!」で山本京子編曲のピアノ連弾作品を4曲演奏)

「山本京子さんの編曲に出会わなければ、私たちはこんなにピアソラをコンサートで弾くことはなかったでしょう。楽譜が教えてくれるピアソラのリズムや語法。弾き込むほどに聞こえてくるバンドネオンの音色や呼吸。クラシックによって礎が築かれた山本さんの編曲は、ピアノという楽器が最大限に活かされていて、プリモとセコンド共に見せ場が用意され、リサイタルで弾いてみたくなるような上級者向きの濃さが魅力となっています。

ピアニストである彼女が「私ならこう弾きたい!」を実現してきたという編曲の数々にはピアソラに対する大きな愛情とリスペクトが感じられ、世界の名だたるアーティストにも認められた「山本京子編曲」というブランドとして私たちにいつも大きな安心と刺激を与えてくれます。

山本さんは、ピアソラの破天荒も哀愁も自由自在に描かれますが、今回演奏した4曲はどれも華やかで弾いていて本当に楽しい!

シンプルなモティーフを多層なサウンドで描いた「ミケランジェロ70」はグルーブ感満載。

粋でお洒落な会話が繰り広げられる「デカリシモ」。細かい音符も弾いているうちに自分のアドリブのように馴染んでくる。

「アレグロ・タンガービレ」は演奏効果抜群!打楽器奏法や大胆な不協和音も飛び出して、聴衆とその高揚感を共有できること間違いなし。

誰もが知っている「リベルタンゴ」はご本人による異なる編成での楽譜が何種類も出ているので、自分の気に入った箇所をミックスして演奏する楽しみも有り。

常に現在進行形の山本京子さん。その尽きせぬ創作意欲を身近に感じながら、次の作品を楽しみにお待ちしております。」

(プロフィール)
一ノ瀬夏美(ピアニスト)
京都市立芸術大学音楽学部卒業。フランス音楽コンクール第1位。宝塚ベガコンクール第2位。大阪、神戸でリサイタルを開催する他、ピアノデュオや伴奏活動も数多く行っている。兵庫大学非常勤講師。神戸音楽家協会、神戸フォーレ協会、NPO法人関西音楽人クラブ各会員。

大冨栄里子(ピアニスト)
京都市立芸術大学卒業、東海大学大学院修了。ジュネーヴ、ミュンヘンにて研鑽を積む。伊丹市芸術家協会新人賞受賞。NHK洋楽オーディション合格。リサイタルをはじめ、ピアノデュオや伴奏活動も数多く行っている。現在、大阪府立夕陽丘高校音楽科、京都文教短期大学各講師。


 (クレシェンドスタッフ)
リベルタンゴの楽譜がハンナ社だけでなくサウンドストリームからも販売されている経緯を教えてください。

 (山本氏)
「ある日、ドイツに住む男性からこのようなメールが届きました。『山本京子編曲の楽譜を買ったが、YouTubeで聴いたものと違った。YouTubeと同じ編曲の楽譜が欲しい』。モーツァルテウムに通っている小学生の息子さんが、ピアノデュオを組んでいるのでピアソラのリベルタンゴを弾かせたいとのことでした。

この方の求める楽譜は当時、既に絶版の音楽之友社のものでした。正規の楽譜をお送りすることが適わないので、アマゾンなどで販売されていた中古楽譜や新古品の販売リンクを送りましたところ『この値段は不当である。正しくない。僕は常々、息子たちに正しくあれと言っている。』と仰いました。一部のリンクには、高額になってしまっているものもあったのです。

残念ながら現在は手に入らないとお返事したところ『出版してほしい。そうしたらモーツァルテウムの学生は皆、買うだろう。100冊は売れる。僕が保証します!』というお返事をいただきました。

その熱意に押されたことや、他にも音楽之友社バージョンの楽譜が欲しいという声が私のもとに届いておりましたので、音楽之友社のお許しをいただいた上でサウンドストリームから再版に近い形で出すことになりました。コンサートで自分が弾くことを前提に書いていた編曲ですから、難易度が高く私自身が演奏する場合でもかなりの練習量が必要だったりします(笑)。

ちなみに、ドイツ人男性の息子さんたちはサウンドストリームの楽譜で演奏し、賞を取ってテレビ出演もしたのですよ!素敵な演奏なので是非、当時の動画をご覧ください。」
【YouTube動画】
→ https://youtu.be/zu-OMOp2aAo

 (クレシェンドスタッフ)
ピアソラの楽曲をピアノ編曲する際のこだわりをお聞かせください。

 (山本氏)
ピアソラの作品では主にバンドネオンが主役で、五重奏曲の場合はヴァイオリンが主役になることもあります。
バンドネオンもヴァイオリンも同じ音でクレシェンドができる一方、ピアノは減衰楽器で、音を鳴らすとその音は自然にデクレッシェンドします。
音を出しはじめてから音量音色を変化できる楽器と比べて「ピアノではできない」ではなく「ピアノだからいい」アレンジにこだわっております。
減衰楽器の良さはアカデミックになることなんですよ。洗練された雰囲気になります。

ピアソラの演奏の特徴として、テーマの前の小節から入り、音を大きくしていって、他の奏者と合わさったところを一拍目として表現されているものがあります。ピアノ・アレンジではトレモロや少し音を重ねることで再現するよう工夫をしています。

 (クレシェンドスタッフ)
2台ピアノへの編曲が最も難しいと想像しておりますが、いかがでしょうか?

 (山本氏)
編曲しやすいのは2台ピアノです。最もやりやすいです!

 (クレシェンドスタッフ)
そうなんですね!意外でした。

 (山本氏)
五重奏で演奏している音全てを盛り込もうとすると、ソロではとても拾いきれません。
連弾は奏者の手が重なりますし、メロディーが高い音に重なりがちです。
2台ピアノでしたら音域を気にせずに書けますし、ペダリングも自由。主旋律と他声部の対話も表現しやすく、演奏効果も高くでます。
連弾・2台ピアノどちらの場合でも、できるだけプリモとセコンドが平等に主役となるよう作っています。

 (クレシェンドスタッフ)
連弾や2台ピアノでセコンドを編曲する時には、プリモ部分が頭に流れているのですか?それとも、誰かに弾いてもらいながらの作業でしょうか?

 (山本氏)
頭の中で音が流れています。これは私が2台ピアノを長年演奏し続けてきたからできるのだと思います。片方のパートを録音して自分で合わせる場合あります。

 (クレシェンドスタッフ)
山本さんの第一印象は上品で優雅な方でしたが、お話を伺っていると情熱的で常に前向きな姿勢に敬服いたしました。

 (山本氏)
楽観的でダメ元精神なんです。常々「ピンチはチャンス」「まずは行動を起こさないと何も始まらない」と考えています。

 (クレシェンドスタッフ)
励みになったエピソードがありましたら教えてください。

 (山本氏)
ピアソラがギターデュオのアサド兄弟のために書いた「タンゴ組曲」という曲があります。
アサド兄弟が来日した際に楽譜を持っていったところ、サイン中に楽譜を見て「すごいね!ピアノ編曲して出版したの!」と驚いてくれました。その後、演奏家のつながりによってヨーヨー・マをはじめとする海外のトップ・アーティストへ編曲作品が広がります。

当時、コンクールに作品を出したこともなければ、作曲科で勉強していたわけでもないので、肩書は何もなく自分の作品があるだけでした。
世界トップレベルの演奏者たちが肩書を必要とせず、自分たちの審美眼で作品を評価してくれたことはとても励みになりました。とても感謝しています。

 (クレシェンドスタッフ)
最後に今後の展望をお聞かせください。

 (山本氏)
「たくさんの人に弾いてほしい」という出版を始めた当初の願いは叶いました。
「ピアソラ編曲は山本京子」というブランドが確立され、そのスタンダードになりたいです。
今後も信頼と期待を裏切らない作品を発表していきたいと思っています。

ピアソラには、自分の名を作品を残したいという想いがあったと思います。
私が死んだ後も私の編曲でピアソラを楽しんでもらいたいですし、生きている間は愛される作品を発表し続けたいです。私のコンサートで「22世紀のクラシック」と銘打っているのではそういう理由からです。

 (クレシェンドスタッフ)
時代や国を越えて作品が残るよう、お力になりたく存じます。

 
ピアノソロ 対象ジャンル内検索
 
   合計13件

1 Soledad for piano PIAZZOLLA (ピアソラ)
 

Soledad for piano [ソレダード]

出版社サウンドストリーム
商品番号SOUA27
 
 
単価:3,080円
数量:
アルゼンチンにおけるバレエの第一人者、オスカル・アライスの依頼で1969年に作曲。 全3曲から成るバレエ組曲「タンガータ」副題「シルフとオンディーヌ(風と水の・・・(詳細はこちら)
 
2 Annees de Solitude[Years of Solitude](solo) PIAZZOLLA (ピアソラ)
 

Annees de Solitude[Years of Solitude](solo) [孤独の歳月(ソロ)]

出版社サウンドストリーム
商品番号SOUA25
 
 
単価:3,080円
数量:
「孤独の歳月」は、1974年にジェリー・マリガン(バリトン・サックス)との共演のために書き下ろされたのち、マキシム・ル・フォレスティエにより歌詞がつけられ、84・・・(詳細はこちら)
 
3 Libertango PIAZZOLLA (ピアソラ)
 

Libertango [リベルタンゴ(ピアノソロ)]

出版社サウンドストリーム
商品番号SOUA14
 
 
単価:3,080円
数量:
 
4 Adios Nonino(1959) PIAZZOLLA (ピアソラ)
 

Adios Nonino(1959) [アディオス・ノニーノ(1959)]

出版社サウンドストリーム
商品番号SOUA10
 
 
単価:3,080円
数量:
 
5 Milonga del Angel PIAZZOLLA (ピアソラ)
 

Milonga del Angel [天使のミロンガ(ピアノソロ)]

出版社サウンドストリーム
商品番号SOUA05
 
 
単価:3,080円
数量:
 
6 La Muerte del Angel PIAZZOLLA (ピアソラ)
 

La Muerte del Angel [天使の死(ピアノソロ)]

出版社サウンドストリーム
商品番号SOUA04
 
 
単価:3,080円
数量:
 
7 Resurreccion del Angel PIAZZOLLA (ピアソラ)
 

Resurreccion del Angel [天使の復活(ピアノソロ)]

出版社サウンドストリーム
商品番号SOUA03
 
 
単価:3,080円
数量:
 
8 Michelangelo 70 PIAZZOLLA (ピアソラ)
 

Michelangelo 70 [ミケランジェロ70(ピアノソロ編曲)]

出版社サウンドストリーム
商品番号SOUA02
 
 
単価:3,080円
数量:
 
9 Tango-Etudes ou "Etudes tanguistiques" PIAZZOLLA (ピアソラ)
 

Tango-Etudes ou "Etudes tanguistiques" [タンゴ・エチュードまたは「タンゴ風エチュード」(ピアノソロ編曲)]

出版社Lemoine
商品番号LEMA10
 
 
単価:4,090円
数量:
オリジナルはフルートソロ ※入荷時よりわずかな汚れ、小傷ございますが予めご了承くださいませ
 
10 Histoire du tango PIAZZOLLA (ピアソラ)
 

Histoire du tango [タンゴ物語[タンゴの歴史](ピアノソロ編曲)]

出版社Lemoine
商品番号LEMA09
 
 
単価:4,070円
数量:
オリジナルはフルートとギター ※入荷時よりわずかな折れがございますが予めご了承くださいませ
 
11 リベルタンゴ, オブリヴィオン (ソロ・1台4手・2台4手)-LIBERTANGO, OBLIVION for piano solo, 4 hands, 2pianos- PIAZZOLLA (ピアソラ)
 

リベルタンゴ, オブリヴィオン (ソロ・1台4手・2台4手)-LIBERTANGO, OBLIVION for piano solo, 4 hands, 2pianos-

出版社ハンナ(旧ショパン)
商品番号HANA07
 
 
単価:1,870円
数量:
リベルタンゴ, オブリヴィオン <ソロ・連弾・2台ピアノ> クラシック愛好家にも人気のあるアストル・ピアソラ。彼の代表的な2曲を、ソロ、連弾、2台の3つの・・・(詳細はこちら)
 
12 Cinco Piezas PIAZZOLLA (ピアソラ)
 

Cinco Piezas [5つの小品]

出版社BERBEN
商品番号BERA10
 
 
単価:3,000円
数量:
 
13 Tango Suite PIAZZOLLA (ピアソラ)
 

Tango Suite [タンゴ組曲]

出版社BERBEN
商品番号BERA08
 
 
単価:3,580円
数量:
オリジナルは、ギターデュオ。
   合計13件
山本京子(やまもと きょうこ)
神戸女学院大学音楽学部ピアノ専攻卒業。
卒業後は演奏活動や後進指導のかたわら、子供のための作品を作曲、発表。朝日放送制作のドラマの音楽を作曲、演奏。2000年より主にピアソラ作品の編曲楽譜の出版を重ねている。

編曲活動を通して国内外の演奏家達との交流を深めており、山本京子の作品はトップアーティストからアマチュアまで多くの支持を得ている。とりわけピアノデュオ・クトロヴァッツにとって山本京子による編曲作品は主要なレパートリーとなっており、ウィーン楽友協会ホールや、リスト・フェスティバル、ラクセンブルグ音楽祭など、多くのコンサートで演奏されている。

ヨーヨー・マ、キャサリン・ストット、アルゲリッチ・プレゼンツ・プロジェクト、赤松林太郎、klangfruehling音楽祭(オーストリア)、山中湖国際音楽祭などに作品を提供。2011年よりアルゲリッチ・プレゼンツ・プロジェクトの作曲家に登録されている。また、2005年より武田有賀とのピアノ・デュオmumukiで演奏活動中。mumukiのコンサートタイトルは「22世紀のクラシック」。演目は、ピアソラに限らずジャンルを問わない。時空を超えて支持されると思われる作品を編曲して発表している。

Kyoko Yamamoto (Japan)
After graduating from the Department of Music of Kobe College (Hyogo, Japan) where she majored the piano, she got a chance to compose and perform music for a TV drama telecasted by Asahi Broadcasting Corporation in 1990. She regularly appeared on stage and performed works for 2 pianos. Not only playing the published works, she started to try her own Piazzolla arrangement for 2 pianos. The performance created a big sensation, and it led her to the first publication of her Piazzolla arrangements in 2000. Until today, Kyoko has published as many as 14 music books both in and out of Japan, and they are highly evaluated by not only amateurs but also renowned artists. Now Kyoko’s sounds are delivered around the world to fascinate large audience. Her works were provided for Yo-Yo- Ma, Kathryn Stott,MARTHA ARGERIGH PRESENTS PROJECT(Italy) klangfruehling, Liszt Festival, Laxenburger Schlosskonzerte (Austria), Klangsommer (Japan) etc.

山本京子オフィシャルサイト
http://www.kyoko-yamamoto.com/