新型コロナウイルス感染拡大防止対策として休業しておりましたショールームにつきまして、下記の通り7月23日(木・祝)より営業を再開いたします。

 営業再開日:2020年7月23日(木・祝)~
 営業時間:平日10時~18時 土日祝日:10時~15時

※ただし、7月23日~26日は10時から18時まで営業致します。
(7月22日までは休業しておりますのでご注意ください。)

新型コロナウィルス拡大防止のためお客様には、以下の点ご理解・ご協力のほどお願い申し上げます。
・入口に消毒液を設置しております。入店時の手指消毒にご協力ください。
・店内ではマスクの着用をお願いいたします。
・発熱、せきなどの症状のある方はご来店をお控えください。
・スタッフはマスク着用にてご対応させていただきます。

新型コロナウイルス感染症対策の影響により、一部の海外出版社に入荷の遅延が発生いたしております。
下記の国以外でも、政府による外出制限や営業制限により、入荷遅延となる恐れがございます。

主な対象国:イタリア・ハンガリー・フランス・アメリカ合衆国

弊社ではホームページ上に在庫状況を掲載しておりませんが、該当のお客様へは別途ご案内申し上げます。
ご不便とご迷惑をお掛けいたしますことをお詫び申し上げます。
何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせはこちら 075-959-0070

カートの中身商品が入っていません。
  1. MEFO2020 WakuWaku ピアノフェスティバル
  2. ポピュラー特集
  3. ピティナ・ピアノコンペティション 課題曲
  4. ミューズプレス特集
  5. ベートーヴェン ピアノソナタ集
  6. はじめてのピアノ・アドヴェンチャー
  7. バスティンシリーズ
  8. ハンスライグラフ
  9. 時計
  10. レッスン教本
  11. パナムジカ出版 シャブリエ
  12. ピアノ・アドヴェンチャーズ
  13. 貴重な楽譜 PRHYTHM
  14. ピアソラ
  15. 理由あり品コーナー
  16. Invitation to クレシェンド
  17. クレシェンドカタログ

 

ホーム > 商品詳細


[音楽理論がおもしろくなる方法と音勘を増やすコツ]
いちむらまさき (Ichimura, Masaki)


      
ロックやポップスで使う「1/3くらいの音楽理論」が学べる本

ギターやキーボード、そして作曲の「初心者」に最適な音楽理論書の登場です。本書のコンセプトは「すべての音楽理論を網羅しない」というもの。なぜなら、ロックやポップスは音楽理論全体の1/3くらいを理解しておけば十分に楽しめるからです。すべてをいきなり覚えようとするから挫折してしまうんですよね。
また本書では、さまざまな「音のしくみ」について具体例を挙げ、それを理論に当てはめていきます。この「音のしくみ」がわかってくると「音勘」が身に付きます。音感ではなくて、音勘(もちろん造語です)。これは「次に弾く音は多分コレだな?」という勘のこと。耳コピが早くなったり、コード進行を覚えやすくなったりする効果があります。
とにかく難しい用語などは後回し!「音って面白いな?」と感じていただくことを最優先した音楽理論書です!
商品番号:RITA19 単価:1,760円 数量:
出版社: リットー
編 成 :

その他

曲目リスト


曲目
1

第1章 ドレミの仕組みってこうだったんだ!

2

キーって結局、何?

3

コードには行き先がある!

4

コード進行の仕組みで、耳コピ&作曲力が上がる!

5

知っておいてもよいスケール名

6

作曲に役立つ考え方

7

「本書に登場しなかった用語」解説